IBCコンサルティングは経営戦略、財務戦略、グローバル戦略を支援します

海外上場(米国、香港、シンガポール)、新規株式公開(IPO)、PIPEによる資金調達、海外IR活動、M&A、企業価値評価、資金調達、海外進出支援、事業計画、経営計画、資本政策、事業再生、事業承継、経営者支援を通じて成長戦略を実現します!

ファイナンス、資金調達支援

弊社は、上場や株式公開を前提にPIPE等のファイナンス手段の実行をサポートいたします。

*1 PIPE(Private Investment in public equity)
パイプ(PIPE、英語:Private Investment in public equity)は、株式の募集・売出の際に、限定された投資家に募集・売出を行う私募の方式のことを言う。
すでに上場されている株式について行われる募集・売出は、通常、公募の方式で行われる。しかし、公募で行うには相当のコストと時間を要し、機動性に欠けることがある。そこで、証券取引法に認められている条件の範囲内で、限定された投資家に対して、私募の方式で行うことがあり、それを一般にパイプと呼んでいる。私募で行うことにより、発行企業にとっては機動的な資金調達ができ、また投資家にとっても市場価格よりも割安な価格でまとまった株数を取得することができることから、両者にとってメリットがあるといわれる。
(出典:ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/PIPE )

下記の表は2014年12月にOTCBB, OTCQB, OTCQXに新規株式公開した企業の資金調達状況です。資金調達金額はディスクロージャー資料におけるキャッシュフロー計算書の財務キャッシュフローからピックアップしました。

OTCBB OTCQB OTCQX 新規株式公開企業の資金調達状況